創作作品展示室

主にオリジナル小説が掲載してあります。

ココロのもり 設定

ココロのもり

世界最大級のフクロウ、ツキノワズク。森の中に一羽のヒナがさまよい歩いていた。この小さなフクロウの子の名はココロと言った。首もとには赤色のリボン。お腹の部分には、ツキノワズクを示す三日月模様。ツキノワズクを保護する施設からコッソリ逃走したココロは、この森で色々な経験をしていくことになる。予定。


ココロと愉快な仲間たちのプロフィール

【なまえ】ココロ
【とくちょう】赤色リボン、お腹の三日月模様。
【せってい】
ツキノワズク保護管理施設から脱走したツキノワズクのヒナ。赤色のリボンは個体識別のためのタグ。好奇心旺盛だけれど臆病な面もあり、基本的に甘いものが好き。
モチーフはシマフクロウ。名前の由来は『コタンコロカムイ』から。

【なまえ】クロナガさん
【とくちょう】ふっさふさの大きなしっぽと背中にちょびっと生えた妖精の羽。
【せってい】
野生のシマノリス。人語を解するので「森の妖怪だ」と人間たちから恐れられることもある。どっちかというと「妖精」。そこそこキレやすい性格だけれど基本はいいリス。
モチーフはエゾリス。名前の由来は『エゾリス命名者の黑田 長禮(くろだながみち)さん』から。

【なまえ】マリリン
【とくちょう】二本のツノと三本の足。
【せってい】
捕獲されてるマリモリーノ族。淡水に住んでいるけど肺呼吸も可能な不思議生物。神通力を操りビンの中から会話をしたり物を動かしたり奇術師のような謎生物。
モチーフはマリモ。

【なまえ】カムイ
【とくちょう】灰色の体毛と右目の大きな傷あと。
【せってい】
野生のツキノワズク。森の賢者。博識でなんでも知っている。右目の傷は昔にミツリョーシャという人間に襲われた際についたもの。

【なまえ】ぎんじろう
【とくちょう】銀色のめっちゃ長い体毛に二つのしっぽ。
【せってい】
野生の狐。渋い名前だけどメス。おっとりとしていて食えない性格。長生きしているので化けることも可能。長生きしすぎてるため体毛が伸び放題。
モチーフはキタキツネ+ホッキョクギツネ。

【なまえ】ひぐま
【とくちょう】真っ黒い体毛、めちゃくちゃ大きな体
【せってい】
ひぐま。全長3メートル超え。凶悪な雰囲気ばりばりのヤのつく系……と思いきや心優しいただのいいひぐま。悪しきをくじき弱きを助けるタイプ。
モチーフはひぐま。

 

設定画

ココロ

f:id:flowiron:20190324212759p:plain



クロナガさん

f:id:flowiron:20180824223006p:plain

マリリン

f:id:flowiron:20180824223013p:plain

カムイ

f:id:flowiron:20180824223019p:plain

ぎんじろう

f:id:flowiron:20190324213407j:plain

ひぐま

f:id:flowiron:20180824223039p:plain



気まぐれマンガページ↓

wspcompany.hateblo.jp

 

Copyright © 2018-2019 flowiron All rights reserved.